立体地形解析図ご注文はこちら

サービス

① 数値標高モデルによる立体地形解析図の作成

一定垂直倍率立体地形解析図(以下、“立体地形解析図”と略す)に準拠した各種画像の作成受託をおこなっています。
立体地形解析図作成の発注にあたっては、下記の事項にご留意ください。
  1. 立体地形解析図の納品物は、以下のものをご提供いたします。
    1. 立体地形解析図のプリント画像(アナグリフ・平面):各1枚
    2. 立体地形解析図のプリント画像を出力するためののデジタルデータ
  2. 地図画像に、文字・記号・線の記入・領域塗りつぶしなどの処理を行って立体地形解析図を作成する場合の料金については別途ご相談ください。
  3. 以下の場合には料金割引を検討させて頂きますので、ご相談ください。
    1. 同一のDEM及び画像仕様を用いて、複数種類の立体地形解析図を作成する場合
    2. 立体地形解析図の作成面積が広大となる場合
  4. DEMから作成できる地図画像(斜度図、開度図、陰影図など)については、当社で作成することもできます。
  5. 立体地形解析図の取り扱いには、当社の立体地形解析図Viewerを便利にご利用頂けます。

    ご不明な点がありましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。

A)航空レーザ測量DEMによる立体地形解析図の作成受託

発注者が所有する航空レーザ測量DEM及び地図画像を用いて、指定された画像仕様(距離縮尺、垂直倍率、紙面標高など)のもとに立体地形解析図を作成する受託事業をおこなっています。
画像作成の標準料金は下表のとおりです。
格子点間隔 距離縮尺 処理面積に対する作成料(円・税別)
4km2未満25km2未満49km2未満64km2未満100km2未満
0.5m1:2,50066,00090,000106,000114,000130,000
1m1:5,00062,00080,00092,00098,000110,000
2m1:10,00058,00070,00078,00082,00090,000

  • 立体地形解析図をGISで取り扱う為のデジタルデータについては、追加料金10,000円(1図種・100km2あたり)で提供させて頂きます。なお、1図種はアナグリフ・平面のセットです。

画像例についてはGalleryをご覧ください。

B)衛星データDEMによる立体地形解析図の作成受託

衛星データから作成されたDEMを用いて、指定された画像仕様(対象領域、距離縮尺、紙面標高など)のもとに立体地形解析図を作成する受託事業をおこなっています。
画像作成の標準料金は下表のとおりです。
格子点間隔 作成領域
(東西長×南北長)
距離縮尺 作成料(円・税別) 適用DEMの例
5m or 10m10km×10km1:25,00035,000PRISM-AW3D
30m40kmx40km1:100,00045,000ASTER-GDEM, SRTM-1
90m120kmx120km1:300,00045,000SRTM-3

  • 立体地形解析図をGISで取り扱う為のデジタルデータについては、追加料金10,000円(1図種・上表の各作成領域あたり)で提供させて頂きます。なお、1図種はアナグリフ・平面のセットです。
    • DEMの入手方法についてお困りの方は、ご遠慮なく相談ください。

画像例についてはGalleryをご覧ください。

C)国土地理院DEMによる立体地形解析図の作成受託

国土地理院の5mメッシュ及び10mメッシュDEMを用いて、指定された画像仕様(対象領域、距離縮尺、垂直倍率、紙面標高など)のもとに立体地形解析図を作成する受託事業をおこなっています。
画像作成の標準料金は下表のとおりです。
格子点間隔 作成領域
(東西長×南北長)
距離縮尺 作成料(円・税別)
5m or 10m10km×10km1:25,00025,000

  • 立体地形解析図をGISで取り扱う為のデジタルデータについては、追加料金5,000円(1図種・100km2あたり)で提供させて頂きます。なお、図種はアナグリフ、平面ごとに加算いたします。
    • DEMの入手方法についてお困りの方は、ご遠慮なく相談ください。
(注)弊社ショップでは、国土地理院DEMによる定型仕様の立体地形解析図のプリント画像(アナグリフ・平面)を低価格で販売しています。

画像例についてはGalleryをご覧ください。


② 立体地形解析図Viewerの販売

立体地形解析図をPCで利用できるViewerの販売をしています。

Viewerは
  1. 同時に複数種類の立体解析図を観察
  2. 各種装置(ディスプレイ、大型テレビ、プロジェクタ)での表示
  3. 画像への書き込み(点・線・ポリゴン・文字)
  4. GIS用データへの出力
など多様な機能を備えており、多種類の地図画像を用いた現象の観察、判読、解説などに利用できます。

   Viewer動作画面
Viewer動作画面:
 同一箇所の複数図面を同時に観察できます




標準価格:250,000円(税別)

機能の概要、動作環境はこちらの専用パンフレットをご覧ください。ご不明な点等はお問い合わせください。

表面   裏面

③ “だいち”データによるパンシャープン立体視画像の作成

パンシャープン立体視画像とは、“だいち(ALOS)”の立体視センサ(PRISM)とカラーセンサ(AVNIR-2)のデータから合成した地表解像度2.5mのカラー立体視画像を意味しています。地形情報と地表被覆情報が同時に高解像度で判読できることから、活断層判読、被災状況把握、森林管理、防災・減災などの分野で利用されています。
解析処理料金についてはお問い合わせください。

画像例についてはGalleryをご覧ください。

④ 数値標高モデルの解析処理

数値標高モデルの解析処理を受託いたします。数値標高モデルは国土地理院によるもの、レーザ測量データによるものなど、のいずれにも対応いたします。
応用分野:地形解析、地すべり域抽出、活断層抽出、尾根線抽出、谷線抽出、水系抽出、流域抽出など。
解析処理料金についてはお問い合わせください。

画像例についてはGalleryをご覧ください。

⑤ 衛星画像データの解析処理

地球観測衛星の可視・赤外域センサデータ(ALOS、LANDSATなど)の解析処理を受託いたします。
解析処理料金についてはお問い合わせください。

画像例についてはGalleryをご覧ください。


*お問合わせ、見積請求などは、メールまたは電話でお願いいたします。
TEL : 019-681-4926, 4786   E-mail : info@yg-space.jp
このページの先頭へ